『鬼滅』の新聞広告、日経新聞がぶっち切りで大好評に 「細かいところが最高」

最終巻発売のタイミングに合わせ、同日発行の新聞5紙に『鬼滅の刃』の広告が掲載された。中でも人気が高いのは…。

話題

2020/12/04 14:05

本日4日、大人気漫画『鬼滅の刃』の最終23巻が発売となった。作品に対する愛情の込もった広告が『読売新聞』や『朝日新聞』をはじめとする全国紙5紙に掲載されたが、『日本経済新聞』のデザインが多くのファンのハートを射止めているようだ。


画像をもっと見る

 

■品薄のコンビニも多数

炭治郎
(©吾峠呼世晴/集英社)

こちらの広告は4日の朝刊に掲載されたもので、同作のコミックス累計発行部数が1億冊を突破したことを記念している。主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)ら主要キャラクターが大きく一面を飾っており、バリエーションは全部で15種類。

新聞

記者も最寄りのコンビニをチェックしてみたが、既に売り切れている新聞も見られ、スリランカ出身という女性店員からは「何で皆さん、今日は新聞をたくさん買って行かれるんですか?」と訊ねられてしまった。


関連記事:『鬼滅の刃』土曜プレミアムで2週連続放送 原作者も「作画、演出、音楽全てがすごすぎ」

 

■新聞ごとに特徴が見られ…

広告のページを開くとキャラクター2名が並ぶ…という構成になっているのだが、いずれも「関連キャラクター」が並んでいるのが特徴。

禰豆子
(©吾峠呼世晴/集英社)

たとえば『朝日新聞』では炭治郎の妹・禰豆子(ねずこ)と、彼女に恋心を寄せる我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)がペアになっているなど、作品のポイントをしっかり押さえているのだ。

善逸
(©吾峠呼世晴/集英社)

大好きな禰豆子の横で頬を赤らめ満面の笑みを浮かべている善逸を見て、エモい感情に襲われたファンは多いことだろう。

次ページ
■『日経新聞』がぶっち切りで人気な理由

この記事の画像(7枚)