宮迫博之、渡部建の復帰について熱弁 YouTubeコラボも呼びかけ

不倫問題が原因で活動自粛中の渡部。宮迫は「このままあいつを殺してしまうの絶対におかしいと思う」などと語り、復帰を願った。

エンタメ

2020/12/05 06:15

宮迫博之

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之が4日、自身のYouTubeチャンネル更新し、「アンジャッシュ」渡部建の謝罪会見について言及。さらに「渡部、コラボしよう」とラブコールを送るシーンもあった。



 

■取材陣に不快感

終始歯切れの悪い受け答えを連発した渡部に厳しい声が集まった一方で、デリカシーのない質問を投げかけた取材陣にも批判が殺到した今回の会見。

行為中の心境、今後の多目的トイレの利用方法、性癖に対する思い…。モラルに欠ける質問内容の数々に、宮迫も不快感を示し「しょうもなさすぎた。ひどすぎた」「何を求めてんの?」などと苦言を呈した。


関連記事:雨上がり宮迫博之、YouTuberへの本音漏らす 「完全に下に見ていた」

 

■宮迫熱弁「復帰してほしい」

取材陣への評価を口にした宮迫は、続けて渡部の復帰についてもコメントした。

これまで『アメトーーク!』『行列のできる法律相談所』などで共演してきたが、先輩の宮迫から見ても、渡部は「すごく能力の高い人間」だという。

復帰を巡っては否定的な意見も目立っているが「このまま、あいつを殺してしまうの絶対におかしいと思う」「渡部の努力や才能をなしにするのは絶対にあかん」「やらかした人を終わりにするのはやめにしましょう」と熱弁した上で「僕は復帰してほしいと思う」「俺は絶対にあいつに関わっていく」と話した。


■コラボも呼びかけ

終始真面目なトーンで語っていた宮迫。しかし、今回の渡部の会見については「0点です」とバッサリやり「何より一番思ったのが、まあまあの天パやったんやって」と、愛あるイジリで笑いを誘う場面も。

最後は「渡部、コラボしよう」と、個人のYouTubeチャンネルを所持している渡部に呼びかけていた。

かつて「オフホワイト」の発言で話題になった不倫騒動を起こし、バッシングを浴びた経験がある宮迫。そんな過去があるから、自身と似たような境遇に陥っている後輩芸人には、助け舟を出してやりたいのかもしれない。

・合わせて読みたい→アンジャ渡部不倫で『行列』スタッフが悲鳴 「過去のVTRほとんど使えない」

(文/しらべぇ編集部・RT