有吉弘行、別居中の芸人を斬り捨てる 厳しい正論に「100万回いいねしたい」

別居中の瞬間メタル・タケタリーノ山口に有吉弘行から厳しい声が…

エンタメ

2020/12/05 09:40

有吉弘行

4日深夜放送『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系)でお笑いコンビ・瞬間メタルのタケタリーノ山口が過酷ロケに挑戦。別居する妻子のために努力する姿を披露したが、有吉弘行から厳しすぎる正論が飛び出した。



 

◼高下駄を削りきれるか?

東京・日本橋から箱根までの道のりを高下駄で歩いて行った場合、「下駄の歯はどれぐらい削れるか」をタケタリーノが体を張って検証した。

なれない高下駄で3日間のロケを敢行、1日目で24km、2日目で28kmを歩いたものの、ロケが終わるとその場で身動きが取れないほど満身創痍に。それでも体に鞭打って前に進み続ける。

3日目、19時のタイムリミットを迎えたが、初日に「箱根まで行く」と決めた彼は「それを絶対に守りたい」と歩みを止めなかった。


関連記事:有吉弘行、芸能人SNSの「大事な発表があります」に呆れ 「大体しょうもない」

 

◼別居した妻子のために…

ここでタケタリーノが1年前から別居中だと判明。「娘を箱根まで連れていきたい」との熱い想いから、ロケ終了を宣告されても箱根を目指したのだ。

「ツライからヤメた、はイヤ。箱根まで行く宣言をしたのに今ヤメるのは『ツライからヤメる』ですよね」と持論を展開。娘に自分の背中を見せたいと前を向く。

結局、箱根の16km手前でロケは終了。72km歩いて高下駄は最大2cm、全体で7cm削れた。計算上は約206km歩いて静岡県島田市で削りきれると判明した。

次ページ
◼有吉の不満爆発