5歳児が夜の高速道路を歩き死亡 車から放り出した母親の交際相手を逮捕

歩いて自宅に戻ろうとするうちに、高速道路に入ってしまったのか…。真実を探ろうにも、少年はもうこの世にいない。

社会

2020/12/06 06:00


 

■殺人容疑で起訴へ

高速道路に侵入するとは、予想していなかったというスター容疑者。だが、雨が降る夜の公道に5歳児を置き去りにすることの危険性を理解していないはずはない。

ラッセル郡保安官事務所は同容疑者を殺人罪などで起訴する予定だが、オースティンくんをはねた車のドライバーを過失致死罪に問うことはしない予定だ。また、息子の悲劇的な死を知った女性はひどく打ちひしがれているという。


関連記事:重大事故を誘発する高速道路の追い越し 無法運転にドライバーが怒り

 

■他人の子の騒ぐ声は苦手?

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,653名を対象に調査したところ、「他人の子供の声にイライラしたことがある」と回答したのは全体の60.3%だった。

子供たちとの接点がより多いと考えられる女性の66.7%ほどではないが、男性も2人に1人となる53.7%が子供の騒ぐ声が苦手だとしている。

他人の子供の声にイライラした経験者の割合

また年代ごとの差があまり生じない女性に対し、年代が上がるにつれイライラする男性の割合が高くなっていくこともわかった。子供は元気が一番だが、度が過ぎれば、親がしっかりと注意する必要があるだろう。

・合わせて読みたい→『とくダネ』小倉智昭、高齢者の危険運転に私見 「そういう問題か?」と波紋も

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日 
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)