13歳から16歳までの少年4名が女性を集団レイプ ネットによる刺激が悪影響か

暗い公園で、突然襲われた21歳の女性。加害者4人全員がまだ少年であることにも、強いショックを受けているという。

2020/12/06 13:00

レイプ
(Artem_Furman/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学校や家庭でも性暴行事件が起きる今の世の中、性犯罪者の年齢は確実に低年齢化しているという。警察も眉をひそめたある性犯罪事件の話題を、イギリスのメディア『Mail Online』『The Sun』などが伝え、波紋を広げている。



 

 

■暗い公園で被害に

英国・サウスヨークシャー州のシェフィールド市にあるダーナルという町で、11月23日の午後6時頃、21歳の女性が少年グループによる集団レイプに遭った。

現場はハイヘーゼルズ・パークという広大な公園で、暗い時間なうえ人影もなかったことから、助けを求めようがない状態だった。警察に被害届を出したのは本人だという。


関連記事:幼女への性犯罪で捕まっても懲りない19歳男 出所後は犬を性的対象に…

 

■性犯罪者が低年齢化

州警察は女性の証言をもとに、事件から9日後に4人の少年を逮捕。全員が身柄を拘留されており、事件に至った経緯などは、今後明らかになるものとみられている。

加害者の年齢は、中学生も含まれる13歳、14歳、15歳、16歳。市民の動揺はひどく、夜間を中心にパトロールを強化するなど警察が対応しているが、近年この国では、性犯罪の一層の低年齢化が悩ましい問題となっている。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■英国史上最年少のレイプ犯
逮捕公園性犯罪強姦少年性的暴行少年犯罪未成年者集団レイプ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング