YouTuberが妊娠中の恋人をライブ配信中に死なせる 驚きの犯行動機も判明

ライバルは星の数ほどいる。そんな世界において、男は卑怯な方法で自分の動画やライブ配信に注目を集めようとした。

社会

2020/12/06 09:30

動画撮影
(flyingv43/Getty Images Plus/画像はイメージです)

時に、より過激な方向に進めば世間の大きな注目を集め、大金を稼げるようになると思ってしまう若手のユーチューバーたち。

中にはフォロワーから煽られ、逆戻りができなくなっている人もいるようだ。悲劇的な事件の話題をイギリスのメディア『The Sun』、アメリカのメディア『HEAVY』などが報じている。



 

■妊娠中の恋人を虐待致死

“スターズ・リーフレイ(Stas Reeflay)” の名で活動していたロシア人ユーチューバーのスタニスラフ・レシェトニコフ(30)が、モスクワに近いイヴァノフカという村で傷害致死事件を起こし、逮捕された。

被害者は交際していたヴァレンティーナ・グリゴリエワさんという28歳の女性で、リーフレイの子をお腹に宿していた。


関連記事:犬が涙ボロボロのライブ配信で炎上 激辛チキンを食べるよう飼い主が強要

 

■2時間のライブ配信

ヴァレンティーナさんは、事件現場となったある借家で身体的な虐待を受け、氷点下のなか下着1枚でバルコニーに追い出され、低体温症を起こして死亡。リーフレイはその全貌を、ライブ配信アプリの『YouTube Live』で公開していた。

ヴァレンティーナさんの呼吸や脈が止まったとわかってもカメラを停止せず、自らの通報で到着した救急隊員が死亡を宣告した瞬間も、ライブ配信を続けたリーフレイ。動画を見ているフォロワーたちが喜び、自分の懐にはお金が転がり込むと信じていたという。

次ページ
■お金を払ってくれる人物も…

この記事の画像(2枚)