14歳少年と関係を持った30代女性 Facebookへの嘘の登録で無罪に

彼女は3人の子供を持つ母親だが、その時はひとりの女に戻っていた。そして少年は自身を16歳だと偽っていた。

社会

2020/12/06 16:00

男子生徒・女性教師
(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

友人たちと一緒に公園でサッカーに興じていた、ある少年が醸す清々しくも雄々しい雰囲気に、見惚れていた30代の女性。やがて性的な欲求を覚え、それを抑えられなくなってしまったという。



 

 

■未成年者への性的暴行

英国・グロスターシャー州のグロスター刑事法院で今月3日、全英のPTAが興味深く見守っていたひとつの裁判が結審したことを、『Mail Online』や『Mirror』などが報じた。

3児の母親でもある32歳のテア・ヴィンセント被告は、2018年10月、自宅2階の寝室に近隣に暮らす14歳の少年を招き入れ、性行為を持ったことから、16歳未満の者に対する性的暴行の罪に問われていた。


関連記事:SNSで美少女になりすました30代男 猥褻写真を交換した少年らを脅して逮捕

 

■フェイスブックを確認

自宅近くの公園で、少年たちのサッカーを食い入るように見つめていたヴィンセント被告。そこに知り合いの21歳の男性がいたからだったが、いつしか視線はひとりの少年に釘付けに。被告は少年に性欲すら覚え、名前を知るとフェイスブックで少年のアカウントを探し当てた。

そのプロフィールから少年の年齢は16歳とわかった。同意があれば性行為に至ってよいとされる年齢を国は16歳と定めており、被告は心を躍らせたという。

次ページ
■お気に入りの少年のみ寝室へ

この記事の画像(1枚)