千葉・マザー牧場の羊が描く「うし」文字が話題 その制作意図を直撃した

苦難が続くマザー牧場に支援の輪が広がる。その想いとは…

話題

2020/12/06 17:40

2019年の台風被害で約3週間の休園を余儀なくされた千葉県富津市にあるマザー牧場。台風被害からの復活の最中、今度はコロナ渦に見舞われた。度重なる苦境を「マザー牧場・ファミリー」で乗り越えようとしている。しらべぇ取材班は、その姿を追った。


画像をもっと見る

 

■台風被害とコロナ渦のダブルパンチ

2019年9月の台風15号によって、当時見頃を迎えつつあった30万本のサルビアや建物に壊滅的な被害を追った。スタッフの懸命な努力の末に復活するも、コロナ渦による緊急事態宣言で2020年4月8日から再び休園に。

台風被害や新型コロナの感染拡大による臨時休園日数は延べ40日間、通常営業ができなかった期間は121日に及んだ。


関連記事:ダイソーに売られているお菓子が本格的すぎて 「これリピ確定じゃん…」

 

■ほっこりあたたかくて安心できる場所

創業1962年のマザー牧場は、来場客・スタッフ・マザー牧場に関わるすべての人々と動植物を「ファミリー」と考えているという。そのファミリー同士で「しあわせな素晴らしいひとときを過ごしたい」という想いがある。

牧場風景
(写真提供:マザー牧場)

また、「この場所にみんながいるから、気持ちがほっこりあたたかくて、安心する」という景色であり続けたいという。

次ページ
■クラウドファンディングに対する感謝

この記事の画像(4枚)