クリスマスイルミネーションを見に行き悲劇 8歳女児がまさかの感電死

子供たちの喜ぶ顔が見たい。その一心で娘たちを連れだした親が、思いもよらぬ事故で子供に先立たれてしまった。

社会

2020/12/07 08:00

イルミネーションを見る少女
(ziggy_mars/Getty Images Plus/画像はイメージです)

この時期ならではの美しく幻想的なイルミネーションに、大興奮した女の子。しかし突然の悲劇が起こり、搬送先で息を引き取ったことを、『The Sun』などが伝えている。



 

■外出中に起きた悲劇

ブラジル・ゴイアス州で暮らすある夫婦が、かわいい子供たちを連れて外出した。「クリスマスのイルミネーションを見せてあげる」と聞かされた子供たちは、大喜び。目的地に到着するなり、夫婦は子供たちの写真を撮影した。

それもひと段落すると、興奮した子供たちは夫婦と離れ駆け出した。そして8歳の娘は、デコレーション用のパーツに手をかけた瞬間に感電し、卒倒してしまったという。


関連記事:元モー娘。田中れいな、救急搬送されていた 激痛に襲われるも原因は…

 

■搬送先の病院で死亡

意識を失いその場に倒れ込んだ娘だが、たまたま現場にいた人たちに介抱され、一度は目を覚ました。

娘が倒れたことに気づいた父親は、ひどく動転しながらもすぐさま抱き上げ、救急車を手配。ほどなくして駆け付けた救急隊員らが病院に搬送したが、娘は病院で心臓麻痺を起こし、息を引き取った。

次ページ
■遺族の悲しみは深く

この記事の画像(2枚)