愛犬の頭をガブリと襲った巨大クマに見事なタックル 飼い主の愛が勝利

巨大クマに襲われている愛犬を守るため、必死に戦った飼い主。3時間半もの大手術の末、愛犬は見事に回復しているという。

社会

2020/12/07 10:00

クマ・犬・狩猟
(Aleksey-Krylov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

愛らしく癒しを与えてくれるペットは、大切な家族の一員だ。そんなペットが危険にさらされていたら、あなたは命を懸けてでも助けることができるだろうか。

米国・カリフォルニア州で暮らす男性が、愛犬を襲った巨大なクマを、見事なパンチとタックルで撃退した。英米のメディア『The Sun』『CBS Sacramento』などが報じている。



 

■体重159キロのクマが愛犬を…

「感謝祭の前日、自宅の外から愛犬の妙な唸り声が聞こえてきた」とメディアの取材に話したのは、米国・カリフォルニア州ネバダ群のグラスバレーという町に暮らすケイレブ・ベンハンさん。

急いで外に出てみると、愛犬のバディが黒い巨大なアメリカクロクマに襲われていた。なんと頭からガブリと噛みつかれていたという。


関連記事:川口春奈、「これが現実」と目のクマを公開 ファンからは心配の声

 

■無我夢中でタックル

バディは体重約41キロのピットブル。ケイレブさんはこの犬を、犬の保護施設から数年前に引き取っていた。「バディはぼくの親友。助けることに迷いはなかったよ」と話している。

クマに向かってタックルし、すかさず喉にしがみついたケイレブさんは、ひたすらクマの顔面と目元にパンチをし続けた。愛犬は何とかクマの口から解き放たれたが、目元には深い切り傷、頭部にはクマの噛み跡がはっきりと残るなど、重傷を負った。

次ページ
■愛犬バディの容態は?

この記事の画像(1枚)