すぐ落ち込む自分を変えたい 10代女性の7割が「鋼のメンタル」に憧れ

鋼のメンタルを持つ人を、うらやましいと思うこともあるだろう。しかし、弱い一面も重要だとの声も。

ライフ

2020/12/08 11:30


 

■歳を取ると強くなり

男女ともに、年代が上がるほどに割合が減っているのも印象的だ。

「若い頃は繊細で、ちょっとしたことで落ち込むことも多かった。しかし歳を重ねるにつれて、小さなことを気にしなくなってきた。社会に揉まれて、強くなったのだと思う」(40代・女性)


「『鋼のメンタル』とまではいかないけれど、精神的に強くなってきている。部下も多くいる立場なので、自分が些細なことでうろたえるわけにはいかない」(50代・男性)


関連記事:10代女性の7割が「メンタル弱い」 加齢とともに改善したケースも

 

■他人の気持ちに鈍感

メンタルが弱いことを、プラスにとらえている人もいる。

「メンタルが強い人は、他人の気持ちに鈍感なことも多い。弱いところがあるからこそ人に寄り添えると思うので、無理に自分を変える必要はない」(30代・女性)


人間的な成長には、落ち込むことも大切だと考えている人も。

「仕事でもプライベートでも、反省することが重要になる。精神的に落ち込んだときこそ、成長できるチャンスだと思いたい」(30代・男性)


無理に鋼のメンタルを目指さずに、自分らしさを大切にしていきたいものである。

・合わせて読みたい→10代女性の7割が「疲れた顔の知人を心配」 他人の感情に鈍感な人も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年10月18日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1,733名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)