モスバーガー、『獺祭』シェイク発売へ 甘酒使用で安心のノンアルコール

モスバーガーがあの『獺祭』とまさかのコラボ! 『獺祭甘酒』使用でノンアルコールの大人のバニラシェイクに仕上がっているとのこと

グルメ

2020/12/08 18:05

まぜるシェイク獺祭

ハンバーガーチェーン・モスバーガーと、銘酒『獺祭(だっさい)』などで知られる旭酒造のまさかのコラボレーションが実現。

『まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-』が12月26日(土)より、全国のモスバーガー(一部店舗を除く)にて2021年2月上旬までの期間限定で発売されることが発表された。



 

■「獺祭甘酒」使用でノンアルコール

まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-

『まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-』は、モスバーガーの人気定番メニュー『モスシェイク バニラ』と、麹仕立てですっきりとした甘さが特徴の『獺祭甘酒』のコラボメニュー。甘酒なのでアルコールは0.00%だ。

酒米に山田錦を使用している『獺祭』の香り高さや、米麹の繊細な甘みが感じられる、風味豊かな味わいに仕上げられているとのこと。価格はSサイズ(税抜334円)、Mサイズ(税抜399円)。


関連記事:モスバーガー、リラックマコラボのお子様セット 超実用的なグッズがついてくる

 

■早くも盛り上がる

銘酒との異色のコラボレーションとあって、インターネット上では「モスの獺祭甘酒シェイクめちゃめちゃ楽しみ」「年末年始のお供にも良さそう」と期待を膨らませるユーザーからのつぶやきが相次いだ。

ノンアルコールのため「甘酒ベースだし、ちょっと気になる」と、この機会に獺祭の風味を楽しんでみたいという声や、「獺祭だいすきマンだが…シェイクはおいしいのか…?」という飲兵衛からの鋭いツッコミなど、早くも大いに盛り上がっている。


■お酒の風味はするので注意

これまでにも、ご当地食材を使用した地域限定商品を販売するなど、日本の食材を大切にしてきたモスバーガー。ハンバーガーチェーンと酒蔵のコラボは一見異色のようだが、どちらも「日本生まれ」という共通点があり、日本の食文化を重んじるモスバーガーならではの企画という見方も。

『まぜるシェイク 獺祭-DASSAI-』はノンアルコールだが、「アルコールは使用しておりませんが、アルコールが入っているような味わいに仕上げておりますので、お召し上がりいただくかの最終判断はお客さまご自身で行ってください」という注意書きもあり、アルコールが苦手な人は注意してほしい。

・合わせて読みたい→セブンイレブンから驚愕の新商品… モスバーガーのグミが爆誕してしまう

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(2枚)