日向坂46・加藤史帆、バラエティ出演時の本音漏らす 「逆にムズムズする」

日向坂46の加藤史帆と渡邉美穂らがバラエティ番組について語り…

エンタメ

2020/12/09 07:45

日向坂46・加藤史帆

8日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)に人気アイドルグループ・日向坂46の加藤史帆、渡邉美穂、富田鈴花、佐々木美玲が登場。バラエティ番組への進出著しい彼女達の本音が漏れた。



 

◼鍛えられた日向坂

初の冠番組となった『日向坂で会いましょう(ひなあい)』(テレビ東京系)でオードリーと2年半共演する日向坂メンバー。

若林正恭いわく「企画がストイックすぎる。芸人でも乗り越えられるの(アンタッチャブル)ザキヤマさんぐらい」というレベルの、バラエティ色の強い同番組で「笑い」を鍛えられてきた。

しかし、そんなストイックな番組で鍛えられたがゆえに、ほかのバラエティ番組に出演したさいには、扱いに違和感を覚えると加藤が明かす。


関連記事:フィフィ、社会派と見られがちな現状に本音 「もう1回バラエティやりたい」

 

◼加藤の悩み

若林が「ここ1年ぐらい他の番組にもめちゃくちゃ出るようになった。やっぱ違う、『ひなあい』とは?」と尋ねると、加藤は「ぜんぜん違う。優しいです」と吐露。

「身体になにもビリビリ(電気ショック)もこないし、急に大喜利もこない。優しく扱ってもらえるのは嬉しいけど、逆にムズムズしちゃう」と『ひなあい』との扱いの違いに困惑していると加藤が明かすと、若林から「芸人じゃねーか」とツッコミが飛んだ。

次ページ
◼富田、渡邉も続く