小木博明、事務所から渡部の情報をシャットアウトされる 「本当にわからない」

渡部建が謝罪会見で、事の真相について言葉を濁したことに言及。すると、おぎやはぎから意外な告白が…

エンタメ

2020/12/09 18:35

小木博明

9日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、不倫問題で活動自粛中の渡部建が行なった謝罪会見について注目。おぎやはぎの小木博明が渡部について事務所から情報をシャットアウトされていることを明かした。



 

■言葉を濁す渡部

3日に会見を開き、騒動について謝罪した渡部。会見では報道陣から「(不倫相手は)何人いたのか?」「女性に1万円を渡した理由」についての質問が飛ぶも、渡部は「バカなことをした」「身勝手だった」と何度も口にし、反省は見せるものの事実については濁すような発言していた。

また『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年末特番に出演するという報道に関しては、否定も肯定もせず、「収録に関して、本当に申し訳ない。それに関しては本当に申し訳ない」と明言を避けている。


関連記事:おぎやはぎら人力舎芸人は渡部の不倫に驚きなし 浮気癖「佐々木希だけ知らない」

 

■おぎやはぎに緘口令

年末特番の出演を濁したことについて、渡部と同じ事務所のおぎやはぎ・矢作兼は「あんなに漏れてることを頑なに言えないって意味がわからない」と指摘。これに番組MCの坂上忍は「誰かに気を使う、誰かを守って自分が悪者になるって場面じゃないですか。誰を守ってるのかよくわからない」と語った。

小木は、今回の会見の裏話について全然知らされていないらしく、「本当にわからないんです、事務所からおぎやはぎに緘口令出てるくらい、これに関しては」と明かす。続けて「番組の性質上、あんまり言っちゃいけないような内容じゃないですか」と渡部の黙秘に理解を示した。


■視聴者からは驚きの声

また小木は「ここ(会見)で言わないっていうことで、日テレ側からこれからは渡部さんが出てきたときは手助けしてほしい」と語っている。

今回の放送を受け、ツイッター上では「おぎやはぎ何も教えてもらえてないのか」「確かに、なんでも喋っちゃうからな…」「事務所の対応は正解だったかも」など、おぎやはぎに緘口令が出ていることについて、視聴者からの驚きや納得の声があがった。

・合わせて読みたい→おぎやはぎ矢作、アンジャ渡部の近況明かす 「だいぶ笑顔が戻ってきた」

(文/しらべぇ編集部・北田力也