「ワタナベお笑いNo1決定戦」が今年も開催決定 MCはハライチ

「ワタナベお笑いNo.1決定戦」が今年も開催。新たに一般からの参加も可能になるなど、ルールも一新された。

エンタメ

2020/12/09 18:10

8日放送の『シブザイル』(ABEMA)にて、毎年ABEMAにて生放送を行なっている「ワタナベお笑いNo.1決定戦」が今年も開催されることが発表された。


画像をもっと見る

 

■一般からも参加可能に

大人から子供まで3分の動画を送るだけで全国どこからでも参加可能、新型コロナの影響でネタを披露する場所がなくなってしまった大学生など一般のお笑いを目指している人でも出場が可能になるなど、新たに生まれ変わった同大会。

映像審査と1月開催の予選会を経て厳選された出場者が、2月15日(月)開催の決勝にて、「お笑いNo.1」の座と優勝賞金100万円を目指して大激突する。


関連記事:『神レイヤーオーディション2020』決勝配信審査が本日スタート

 

■準決勝からは四千頭身らも参戦

映像審査は12月28日(月)24:00まで、「ワタナベお笑いNo.1決定戦2021」専用フォームにて受付中。 映像審査を通過した参加者が2021年1月5日(火)、7日(木)で開催される予選会に出場する。

さらに、予選会を勝ち抜いた出場者たちに加えて、テレビ・ラジオ、YouTube、そしてSNSでも縦横無尽に活躍中の四千頭身、「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」決勝進出のAマッソ、はなしょー。

高校生あるある動画でTikTokフォロワー数90万人以上・総再生数5億回を突破しテレビでの冠番組もスタートした土佐兄弟、「NHK新人お笑い大賞 2018」優勝の若手実力派コント師・Gパンパンダ、「R-1ぐらんぷり 2020」ファイナリストの元消防士芸人 ワタリ119など、勢いに乗る芸人たちが1月10日(日)の準決勝で対決する。


■MCを担当するのはハライチ

ハライチ

そして、準決勝を勝ち抜いた精鋭たちが、2月15日(月)に渋谷・さくらホールにて開催される決勝で対決。 MCはハライチが担当する。

第7世代を筆頭に、ネクストブレイクを目指す第8世代、大学生や一般参加者の道場破り、実力派のベテラン勢まで、強者たちが群雄割拠する同大会は要チェックだ。

・合わせて読みたい→四千頭身・後藤がお笑い第7世代女芸人に片想い? 「待ち受けにしてる」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

この記事の画像(6枚)