コロナ禍で会えない友人にコカ・コーラの「Thank youボトル」を見せてみた結果

1年間会っていないアメリカの友達に、彼の名前が入ったコークを見せてみたら…

日本コカ・コーラ株式会社

いま、マクドナルドで「こんなときでもハッピーな気持ちになれるキャンペーン」が行われている。

 

■キャンペーンの内容は

それは、マクドナルドでコールドドリンクMサイズを購入してカップに印字されたQRコードから抽選に参加すると2020名限定で、身近な人への感謝を込められる『Thank youボトル』が当たるのだ。

たとえば、「Thanks to Mother」「Thanks to YUKI」など、感謝したい人の名前を記名できるので、プレゼントにもぴったりのボトルになる。ちなみにThanks toの後に記名できる名前は、アルファベットでも和文(漢字・カタカナ・ひらがな)でも可能のようだ。

 

■コーク好きのCodyさん

しかし、2020年は近所の人はおろか、離れている家族や友人に会うことが難しい1年だった。そんな人を思い浮かべてしまうため、記者は少し切ない気持ちで年末を迎えようとしている。

コークを見てまず思い出すのは、アメリカに住む友人のCodyさん。写真は日本に遊びに来ていた時に撮ったものだ。彼はコークが大好きで、記者と日本で遊ぶときはコークをよく飲んでいた。彼とまた会える日はいつ来るのだろうか…。

 

■アメリカの友人にコークを見せてみよう

そんなことを考えていると、コカ・コーラがコーディの名前を入れたThank youボトルをサンプルでプレゼントしてくれた。

超粋な計らいだけど、ますますコーディのことを思い出してきてしまったので、このボトルをビデオチャットをしているときにいきなり見せ、そのリアクションを見てみることにした。

 

■最初はぎこちなかったが…

まずは普通に挨拶すると「元気? 意外と俺は大丈夫」とフツーの会話に。しかし実際に顔を見て話すのも1年以上前。ひげを剃ったことも知らなかったので、どことなくぎこちない感じが…。

しかし「こんなボトルあるんだけど超COOLじゃない?」と記者が話すと「なにそれ! めっちゃCOOLじゃん! しかも1年会ってないのに感謝って、ちょっと恥ずかしいけど嬉しいな(笑)」とコーディさんが急に笑顔になった。

 

■ボトルのおかげで楽しく会話ができた

その後は「いいなぁ 俺も日本にまた行けたらマクドナルドへ行ってこのボトルをゲットして、君にプレゼントするのに…でも、久しぶりに話せて良かったよ! 元気そうでなにより。

そういえば一緒に東京巡りしたときに車で色々連れてってくれて、こっちも感謝してるよ…また日本の観光地を巡れる日が来るといいな! よかったらロサンゼルスにも来てよ!」と、安心したようす。

1年以上話せていないと会話のネタにも困ることもあるが、このThank youボトルで感謝を伝えつつ、少しのあいだだが楽しく会話をして、ハッピーな気持ちになれた。

 

■無料クーポンなどが当たるチャンスも

※キャンペーンサイトはこちら

(https://c.cocacola.co.jp/mcdonalds_2020xmascp/top/)

ちなみに、このキャンペーンは最大総額1億円分のプレゼントで、同時にハンバーガー無料クーポンやドリンクS無料クーポンが当たったり、必ずもらえるポテト全サイズ150円クーポンも用意されている。

その他、マクドナルドの公式Twitterやコカ・コーラの公式Twitterでも連動したキャンペーンをそれぞれ実施中。詳細はキャンペーンサイトと両社の公式Twitterをチェックしよう。

会えなくても友達のことを忘れずにいることをさりげなく伝えられるコカ・コーラの『Thank youボトル』。記者はビデオチャットで見せたが、SNSで写真を送っても面白いかも。

もちろん会えていない友人以外にも、1年間お世話になった先輩や上司、家族や恋人に送るのもアリだ。キャンペーン期間は12月25日までなので、ほしい人は忘れずにマクドナルドへ行っておこう!

 

(取材・文/しらべぇ編集部 日本コカ・コーラ株式会社)

この記事の画像(12枚)