トマト日本一農家のまるで「ミッキーなトマト」が話題 変な形になる秘密を直撃

かわいすぎるトマトを作るためにはコツがあった。日本一トマト農家の心がけとは…

話題

2020/12/12 10:00

トマト・曽我ファーム
(写真提供:曽我ファーム)

農林水産省によると、今月2日までの週のトマト価格調査では、キロあたり727円(全国平均)で例年比86%となっている。そんな中、トマト日本一農家の「かわいすぎる」トマトが話題を呼んでいる。



 

■トマト日本一農家の秘密

新潟市北区にある曽我ファームは、トマトを専門に栽培し、トマト日本一を決める「野菜ソムリエサミット」で大賞を受賞した。『栽培が難しい「ファースト系大玉トマト」という品種を使い、他では真似のできない味を実現しているのが自慢」と経営者の曽我氏。

今話題を呼んでいるトマトについては、「じつは規格外トマトを作るためにはコツがある」と語る。


関連記事:カップヌードル、チリトマトの敗北でファンが一致団結 「許せん…」

 

■トマトをおいしくするための副産物

そのコツとは、トマトを美味しくするために水分を少なくし、生育温度を低くして栽培すること。結果として、規格外が出やすくなるとのことだ。規格外トマトは主に4月から5月にかけて出現し、多いときには全体の約3割を占めることもあるという。

おいしいトマトを作るための副産物であり、「努力の結晶」ともいえそうだ。

次ページ
■「面白いものください」とのリクエスト

この記事の画像(1枚)