浜田雅功、『KOC』の裏側暴露 優勝できないネタは「無理ってすぐわかる」

『キングオブコント』司会のダウンタウン・浜田雅功が裏側を明かして…

エンタメ

2020/12/12 07:50

ダウンタウン・浜田雅功

11日の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)は、ダウンタウンとゲストが酒を酌み交わしてトークを展開する人気企画『本音でハシゴ酒』の未公開SPを放送。

ダウンタウン・浜田雅功がMCを務めるコントの祭典『キングオブコント(KOC)』の裏側を暴露し、お笑いファンの注目を集めている。



 

◼賞レース常連のさらば

賞レースの常連である人気コンビ・さらば青春の光の森田哲矢と東ブクロが出演した回で、『KOC』の審査員を務める松本人志は「本当に立役者、『KOC』を盛り上げてくれた。優勝してほしかった」とさらばに本音を伝える。

これに森田は「優勝したかった」としながら「松本さんに見放されたときが1回あった」と2015年で最下位になった大会を回顧。「ネタ終わりに『床見てるほうが面白かった』って言われた」と嘆き、松本らの笑いを誘った。


関連記事:バカリズムが「東京03のKOC優勝」を喜べなかった理由に共感の声

 

◼浜田の持論

ここで「浜田さんはどう見てる?」と尋ねられた浜田は、「審査員は(会場の)表にいる。僕らMCは紹介したら裏に行ってモニターでネタを観ている」と解説する。

「笑いを取るスピードというか、早めにボケて笑い取っていかないと会場がシーンとなる。そうなるとしんどい」と力説。「早めに(笑いを)取ったほうがいいのにって。裏で、ちょっと遅かったら『あ、もう無理無理』って言ってる」と持論を展開し笑った。

次ページ
◼松本も感心

この記事の画像(1枚)