TOKIO・城島茂がすごいと思った後輩とは 自身が審査員のオーディションで入所

『裸の少年』に出演したTOKIO・城島茂が、「すごいと思った後輩」を告白。しかし、当初はすごさに気付けていなかったようで…。

2020/12/12 17:30

TOKIO・城島茂

12日放送の『裸の少年』(テレビ朝日系)に、TOKIOの城島茂が出演。後輩グループ・美 少年からの質問を受け、「すごいと思った後輩」について語った。



 

■後輩からの質問に…

番組後半、美 少年メンバーからの質問タイムになると、那須雄登から「後輩の中で、『この子すごい』と思った人っていますか?」との質問が。

城島は「昔、ある番組でジャニーズJr.オーディションってのがありまして…」と、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)で行われた企画「ジャニーズ予備校」を振り返り始めた。

城島は同企画で審査員の1人を務めており、ある回で当時の事務所社長・ジャニー喜多川さんがチェックに来ていたことを回想。「どう茂? いい子いた?」と聞かれ、自身が良いと思った候補者たちの履歴書を、ジャニーさんに見てもらったと語る。


関連記事:城島茂、まだ幼かった長瀬智也との思い出話にファン涙 「今日聞いたら…」

 

■のちの大河主演俳優

しかし、履歴書を見たジャニーさんは、「あれ? あの子いないな」「1人、大阪の子でいい子いたんだけど、ダメだった?」と城島に質問してきたそう。

特にピンときていなかった城島が「そんな子いたかな?」と返すと、ジャニーさんは「じゃあ、僕が声かけちゃおうかな」と、自らその候補者を推薦することを思いたったのだという。

そして城島は、「僕はすごいと思わなかったけど、ジャニーさんはすごいと思ったのかな。結局その子事務所入って…」と、「大阪の子」の正体を明かし始めた。


■ジャニーさんの目も絶賛

城島は「6人組で、バレーボールの歌で、一番年下で、大河ドラマ主演して…V6の岡田くん!」と、その候補者がのちのV6・岡田准一であることを激白。不思議な縁を感じるエピソードに、MCのバイきんぐ・小峠英二は「えぇー!」と驚きの声を上げた。

さらに、城島は「全然分からなくて。どこを見てるんだろう」と、当時の心境も回想。のちに大河主演やアカデミー俳優へと化ける岡田の凄さとともに、ジャニーさんの審美眼にも舌を巻いたのだった

・合わせて読みたい→『鉄腕DASH』松岡昌宏の発言に視聴者悲鳴 「あのときは5人だったけど…」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

テレビジャニーズTOKIO岡田准一V6城島茂小峠英二美 少年裸の少年ジャニーズ予備校
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング