「勃たなくなった」「早く果てる」 新型コロナ感染後に男性機能不全の訴えが増加中

新型コロナウイルスに関して、このところワクチンの効果や安全性についての話題が目立っているが…。

2020/12/13 09:30

勃起不全
(Korrawin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスに感染した時に不安になるのは、もしも重症化した場合、自分が暮らす市町村の医療体制に余裕があるのかということ。そして、長期的な予後や後遺症ではないだろうか。

米国の専門家が後遺症についての興味深い話題を紹介し、『CBS News』や『NEW YORK POST』などが伝えた。



 

 

■後遺症は他にも

「新型コロナウイルスを決して侮ってはならない」と米国の人々に訴え続けてきた、感染症が専門のディーナ・グレイソン(DenaGrayson)博士。同ウイルスに大変詳しいことから、多くのメディアに登場して最新情報を解説するなど、今や引っ張りだこの存在だ。

そのグレイソン博士が、『NBCシカゴLX』のインタビューに登場。感染者の後遺症について、大変気になることを話した。


関連記事:坂上忍、陰性後に残るコロナの後遺症を知り衝撃 「…どういうこと」

 

■感染者の男性機能が…

新型コロナウイルスの感染がきっかけで味覚や嗅覚の異常が表れ、他の症状が落ち着いた後も、それらに延々と悩まされている人は少なくない。髪の毛が大量に抜けるようになった人も、意外に多いことがわかってきた。

このウイルスはさまざまな後遺症も話題だが、グレイソン博士は最新のデータをもとに、「勃起しなくなった」「長く持たなくなった」などと訴える男性が増えていることを、インタビューで明らかにした。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■想定の範囲だったと専門家
血管勃起ワクチン後遺症警告男性機能新型コロナウイルス感染者呼吸器
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング