プールに基準値の250倍の塩素剤 小学生ら30名が救急搬送され6名は集中治療室に

プールには人の健康を脅かすあらゆる菌が入り込み、その殺菌のため塩素剤が投入されるのは仕方がないことだ。しかし、その量が…。

2020/12/13 14:20

公共プール
(Natalia Sterleva/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

不特定多数の人が利用し、鼻水、唾液、尿などを介して様々な菌が紛れ込んでしまう公共のプールには、殺菌のため塩素剤が投入されている。日本の厚生労働省が定める残留塩素濃度は 0.4~1.0mg/Lだ。

そんな中、ロシアで恐ろしい事故が起きたことを、英国のメディア『Mirror』『Mail Online』などが報じている。



 

■公共スポーツ施設で

ロシア・アストラハン州の州都であるアストラハン。大勢の利用者がある公共スポーツ施設『ダイナモ(Dynamo)』の室内プールで、大変な事故が発生した。

当時、プールを利用していたのは小児21名を含む30名。次々と体調不良を訴えその場に倒れ込むなどし、ほぼ全員が病院に救急搬送されている。


関連記事:携帯型の空間除菌グッズで事故多発 1歳児が被害に遭ったケースも

 

■現場は個人の所持品が散乱

通報を受け、地元の警察、消防、保健局の職員らが『ダイナモ』のプールへ。現場の調査にあたった職員は、全員が化学防護服と呼吸を保護するための防毒マスクを装着しており、複合型スポーツ施設全体が物々しい雰囲気に包まれた。

更衣室の床には水泳選手の衣類やタオル、所持品などが散乱しており、利用者が瞬く間に体調の異変をきたしたことを伺わせているという。

次ページ
■清掃スタッフの人為的ミス
小学生スポーツプール公共施設消毒利用者体調不良集中治療室殺菌酸素マスク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング