強姦被害の訴えに行政・医師も中絶を認めず 12歳少女の双子出産で妊娠中絶合法化なるか

心身の成長がまだまだである12歳の少女。彼女に双子の母親になることを強いた行政側に、非難が殺到している。

2020/12/13 07:00

双子出産
(kckate16/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

12歳というまだ幼い少女が、帝王切開により双子を出産した。強姦されて妊娠したと訴えているにもかかわらず、中絶が許されない。そんな苦しい状況のなかでの出産だった。英国のメディア『Mirror』『Mail Online』などが報じている。



 

 

■12歳少女が双子を出産

今月6日、アルゼンチン・フフイ州のサンサルバドール・デ・フフイにあるヘクター・クインタナ小児病院で、12歳の少女が双子の赤ちゃんを出産した。

強姦による妊娠だとして中絶を強く希望したものの、州の保健当局がそれを受理せず、やがて臨月を迎えたことが、ある人権擁護団体の調査で明らかになったという。


関連記事:10歳女児が強姦され妊娠 裁判所が認めた中絶手術に批判の声も

 

■妊娠中絶に厳しい刑罰も

アルゼンチンでは、母体が健康ではない、胎児に遺伝子疾患や深刻な奇形がある、強姦被害での妊娠といった場合、例外的に中絶が認められる。

それ以外の中絶は、医療従事者が最高15年の懲役刑をくらうことがあり、地元の保健当局が受理や手続きをわざと遅らせ、安全な中絶ができなくなるまで時間を稼ぐ例が後を絶たない。

問題は、闇で安価な中絶手術を請け負う人物が現れ、それを頼ったため、大量出血や深刻な感染症で亡くなる少女・女性が少なくないことだ。

次ページ
■青春を奪われる少女たち

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

出産妊娠双子医師少女法案強姦レイプアルゼンチン中絶
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング