「成績が悪い」と怒られて激高し母親を殺害 10代少年が罪を認める

ひどい成績を見て心配した母親に腹を立て、絞め殺した息子。今は反省しているというが、母親にはもう二度と会えない。

2020/12/13 20:30

少年・激怒
(Kritchanut/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

母親を殺害したにもかかわらず、強盗と失踪事件をでっち上げたある少年。事件から2年が経過しようやく有罪を認めたことを、『PEOPLE』などが報じた。



 

■成績を巡り親子喧嘩に

2018年のこと、米国・フロリダ州で暮らす当時15歳だった少年が、母親(46)に腹を立てた。

ひどい成績を知られ叱られたことが原因で、怒り狂った少年は母親を殺そうと決意。30分も時間をかけ絞殺し、それが終わると友人2人に電話をかけて「母親殺しを隠したい」「お前らも協力しろ」などと伝えた。


関連記事:仲良し家族が一瞬で崩壊 隣人にも愛された15歳少年が母親らを殺傷

 

■遺体を隠し通報

遺体を教会の敷地に隠した少年は、同年11月2日に通報。駆け付けた警官らに対し、「家に帰ったら、強盗が入った形跡がありました」「母もいなくなっています」と嘘をついた。

それに続き詳しい事情を聴かれた少年は、動揺する様子も見せず「実は僕が殺した」と自供。それでも母親に非があったと印象付けようと試み、「母親に殺されると思ったんです」「だから先に殺しました」などと話した。

その後、家庭環境を調べた当局は親子関係に問題はなかったと断定。少年は、ようやく母親殺害、証拠の改ざんなどにつき「有罪です」と認めた。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■息子の今の様子
母親成績裁判家庭環境証拠改ざん有罪絞殺激高
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング