ミスコン美女の恋人を刺殺した男 「別れるくらいなら」と強い怨恨で報復か

別れ話のもつれが原因で殺害されたミスコン優勝者。容疑者は美女を手に入れ、有頂天になっていたという。

社会

2020/12/13 20:00

ミスコンテスト
(JadeThaiCatwalk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世界においても特に美女大国として知られるブラジルで、ある美人コンテストの優勝者が交際していた男にナイフで刺されて死亡した。12月9日にその裁判が始まったことを、イギリスの『The Sun』やオーストラリアの『news.com.au』など多数のメディアが報じている。



 

■交際相手のアパートに遺体

事件はブラジル・アマゾナス州のマニコレ市で起きた。キンバリー・カレン・モタ・デ・リベイラさんという若い女性が今年5月10日から行方不明となり、警察が捜索したところ、2日後にあるアパートで彼女の遺体を発見した。

警察は、そこの住民でオリベイラさんの交際相手でもあったラファエル・フェルナンデス・ロドリゲス(31)を、事件の容疑者として指名手配。部屋からは犯行に使用されたとみられるナイフも押収した。


関連記事:交際相手を強姦した容疑で逮捕された男 保釈後に女性を殺害し自殺

 

■精神鑑定へ

警察はベネズエラとの国境に近いロライマ州で、ある仮設小屋に身を隠していたロドリゲス容疑者を発見し、身柄を拘束。ベネズエラに逃げ込んだ後は、スペイン移住を狙っていたと考えられた。

後に犯行を認めた同容疑者は、オリベイラさん殺害容疑で逮捕・起訴され、その裁判が今月9日にブラジルで始まった。目撃者の8名が証言台に立つなどしたが、被告は精神面で何らかの問題を抱えている可能性が高く、鑑定が必要だとして結審には至っていない。

次ページ
■ミス・マニコレの優勝者

この記事の画像(1枚)