霜降り・せいや、実家購入で背負った4000万円ローンで苦悩 「スベるたびに…」

家族のために4000万円で実家を購入した霜降り明星・せいやだが…

エンタメ

2020/12/13 08:30

霜降り明星・せいや

12日放送『人生最高レストラン』(TBS系)にお笑い第7世代を引っ張るお笑いコンビ・霜降り明星のせいやと粗品が登場。せいやが親孝行のために購入した実家のローンを背負い、仕事にも影響が出ていると嘆いた。



 

◼団地住まいのせいや一家

団地で育ち、両親と姉妹は団地暮らしを続けていたせいや。親孝行のために、自身の冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)で実家を購入し、4000万円のローンを背負っている。

(準)レギュラー番組は17本、テレビで観ない日はないほど大活躍中の彼らだが、せいやは実家を購入したために生まれた新たな悩みを吐露した。


関連記事:霜降り・粗品、実家の焼肉店に来た千原せいじの衝撃の一言を暴露 出演者も驚愕

 

◼ローンのプレッシャー

多忙な霜降りを見かねた劇団ひとりは「休みたいって言った?」と2人に質問。せいやは「休みどころか…」と実家購入のエピソードを語りだす。

「団地から早く出さなきゃって4000万円ローンで実家を購入した。ひとスベリするたびに痙攣する、怖くて。そっから休めないですよ」と4000万円のローンを支払い続けるプレッシャーに苛まれていると明かした。

次ページ
◼粗品は墓を買ったが…