セブン、2分焼くだけで劇的にウマくなる「菓子パン」5選

毎日食べるコンビニのパンがトースターで焼くだけでウマく進化。1位に輝いたのは…

グルメ

2020/12/14 07:20

セブン-イレブン パン

奥深く、様々な美味しさが待っているコンビニパンの世界。ピザパンや、ウインナーパンなど、トースターで軽く焼くだけで、劇的に美味しくなる惣菜パンは複数あるが、甘い菓子パンはどう味に変化するのだろうか。

日々コンビニパンを研究し続けている記者が、個人的に高く評価している菓子パン5種を選んだ上で、こんがり焼き上げて味を検証してみた。今回はセブン-イレブン編。


画像をもっと見る

 

■パンチ強めのカスタードが特徴

セブンイレブン パン

5位は「ホイップカスタードあげぱん」(税込118円)。程よい甘さが特徴の商品だが、トースターで焼くことでどんな変化が起こるのだろうか。2分ほど焼くと、表面が軽く焦げてカスタードの甘い香りが広がる。

カスタードあげぱん

表面のサクサク食感と、とろっと溶け出したカスタードとの相性は抜群。しかし、全体的に甘さが強くなりパンチが強めなので、一つでもう十分という感じがあるほどヘビーに。甘いパンは温めるとより存在感を増すことがわかった。


関連記事:ファミマのホイップメロンパン 形が縦長になっているワケが良心的

 

■メロンパンとトースター?

メロンパン

4位は、控えめなメロン風味が特徴の「メロンクリームのパン」(税込159円)。こちらも2分焼くと表面が軽く焦げてきて、メロンのコーティングも溶けだす。見た目はウマそうだ。

メロンパン

メロン×トースターという意外な組み合わせだが、これが合う。

メロン風味のクリームの甘さが強くなり、デザート感が増すのだ。これはクリームが甘さ控えめだったため、ちょうどいい味わいになった印象。ただ、少しだけ表面がベトベトするのは難点。手で持って食べづらい。

次ページ
■まるで出来たてのパン…

この記事の画像(12枚)