GoToトラベル、全国一律で一時停止 「帰省自粛」を検討する人も

全国を対象としたGoToトラベル事業の利用停止を発表。利用予定者からの悲鳴が相次いだ。

話題

2020/12/14 20:20

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

14日、菅義偉首相はGoToトラベルキャンペーンの利用を全国一律で一時停止する考えを発表。ネット上では、これに伴って年末年始の帰省を自粛しようかと検討するユーザーのつぶやきも散見されている。



 

■GoToトラベル全国一時停止

菅首相は、今後の感染対策について「年末年始にかけて、これ以上の感染拡大を食い止め、医療機関などの負担を軽減し、皆さんが落ち着いた年明けを迎えることができるよう、最大限の対策を講じることにする」とし、今月28日から来年1月11日までの間、全国一斉にGoToトラベル事業を一時停止する考えを表明した。

また、15日までのGoToトラベル利用停止を予定していた札幌市、大阪市に加え、名古屋市、東京都を目的地とする旅行も27日まで対象から外し、出発地とする旅行も利用を控えるよう呼びかけるとしている。


関連記事:GoToトラベル利用自粛の呼びかけに困惑の声 小倉智昭は激昂

 

■帰省を予定していた人々からは…

今回の発表を受け、ツイッター上では「こんな現状なんだから、GoToは中止にすべきだよ」「残念だけどしかたがないかな…」といった声が多数。

また、キャンペーンを利用して年末年始に故郷への帰省を検討していたユーザーからは「え、マジか。GoTo使って実家に帰ろうと思ってたんだけど」「GoToなしなら帰省は中止しようかな」「GoTo頼りで実家帰ろうと考えてたのに…」など、現在の状況も踏まえ、帰省の自粛を検討するコメントもつぶやかれている。


■GoToトラベルは時期尚早だと思う?

終始様々な意見が飛び交う、GoToトラブルキャンペーン。ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,844名に調査したところ、全体の48.7%が「GoToトラベルキャンペーンはタイミングを誤ったと思う」と回答している。

GoToトラベルキャンペーンはタイミングを誤ったと思うグラフ

今回の会見で菅首相は、新型コロナウイルスに対応する医療機関や派遣される医師、看護師への支援策についても発表した。

・合わせて読みたい→『バイキング』GoToトラベル一部除外の抜け道に小木博明が苦言

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)