経営難のレストランに最悪なイタズラ行為 21食分を調理もニセの注文と判明

このコロナ禍においては、多くの飲食店が経営難を訴えている。ひいきの店を何とか助けたいと考える顧客も多いが…。

2020/12/15 10:00

電話・犯罪
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染拡大で大打撃を受けている飲食業界。テイクアウト・メニューの充実や、デリバリーサービスを行うなど、どこも生き残りをかけ必死に営業を続けている。

そんな中、あるレストランが悪質ないたずらに泣かされた。事件は掲示板で話題になり、オーストラリアのメディア『News.com.au』や英国の『The Sun』を通じて世界に拡散中だ。



 

■21食分もの注文に店は感激

このほどオーストラリア・メルボルンのヤラ・バレーにある小さなレストランに、日本円にして約13,300円という21食分ものデリバリー注文が入った。

新型コロナウイルス流行の第3波の影響で、こうした注文は何より有難いものだった。大量の野菜、米、肉などを調理し、パックに詰め、温かいうちに届けたいと店主は配達を急いだという。


関連記事:弁当店の生命線である自転車が盗難被害に 店主は「良心あるならそっと返して」

 

■「騙されるなんてバカだな」

だが指定されたアドレスは存在しなかった。店主は「今向かっていますが、あなたのご住所が探せず困っています」と依頼主にメッセージを送っている。

ところが店主に戻されたのは、「まんまと騙されてバカだな」という最悪な返事だった。大量の注文が悪質なイタズラだったとわかり、代金も回収できないまま店主は店に戻るしかなかった。

次ページ
■顧客ファーストの姿勢を貫く

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

レストランいたずら注文調理テイクアウト配達デリバリー新型コロナウイルス経営難住所不明
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング