くびれとバレエで鍛えた動きに注目 K−1ガールズ・葉月蓮が語る魅力とは

関西出身・今年5月に就任したK-1ガールズ・葉月蓮。クラシックバレエは3歳からと筋金入りだ。

K-1ガールズ・葉月蓮

13日に東京・両国国技館では『K-1冬の大一番』が開催されたばかりだが、選手と同じくリングを彩るのがラウンドガールの存在。そこでしらべぇ編集部では、熱い戦いが続く『K−1 WORLD GP 2020 JAPAN』から、K-1ガールズの美女6名に直撃した。第2弾は葉月蓮(25)だ。

K-1ガールズ
(©K-1)

画像をもっと見る
 

 

■関西出身の「グリッター・ビーナス」

K-1ガールズ・葉月蓮

「れんれん」の愛称でも親しまれる葉月蓮のキャッチコピーは、「グリッター・ビーナス」。身長168cm、B75・W55・H87という、スレンダーながらくびれも強烈なグラマラスボディが魅力だ。

6名のメンバー中唯一の関西(大阪府)出身で、今年4月からK-1ガールズとして活動している。


関連記事:K−1ガールズ・小島みゆ ハイスペックな勝利の女神は「身長に負けない存在感を」

 

■選手それぞれにストーリーがある

K-1ガールズ・葉月蓮

そんな葉月が語るK-1の魅力とは…

「K-1は、華がある選手がとても多くて、選手一人ひとりにストーリーがあって。そのストーリーを見て試合を見ると、さらに試合の面白さがとても伝わってくる団体だと思います」

次ページ
■くびれと動きに注目

この記事の画像(11枚)