ユニクロのヒートテック、今年買う際は注意が必要 絶対確認すべき箇所があった

冬のマストアイテムであるユニクロの「ヒートテック」シリーズが、今季よりバージョンアップを果たした。

話題

2020/12/16 05:45

全国的に冬の寒さが厳しくなってきた今日この頃。ユニクロが生み出した偉大な防寒グッズ「ヒートテック」を重ね着し、寒さに立ち向かっている人も多いようだ。

そんな頼れるヒートテックが、今季より大幅なアップデートを果たしたことをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■売り場で見かけて衝撃…!

あまりファッションに興味がない人であろうと、頭のてっぺんから爪先までビシッと決めた「お洒落番長」であろうと、大多数の日本人にとって、ヒートテックは冬の標準装備。常に何枚かストックしている人もいれば、毎シーズンごとに買い換えている人もいるだろう。

ヒートテック

記者はストック派のため、今季新たに購入する予定はなかったのだが…12月上旬にユニクロ店舗を訪れると、パッケージが大幅に変化したヒートテックを売り場にて発見。

ヒートテック

10月上旬に店頭で見かけた際は、例年通りプラスチック製のパッケージに包まれていたのと対照的に、現行のタイプは商品が大きく露出した紙製のパッケージとなっている。


関連記事:しまむらの冬用インナー ヒートテックに引けを取らない期待の対抗馬だった

 

■じつは本体も大きく進化

環境への配慮から全店舗でショッピングバッグの素材をプラスチックから紙へと移行させ、大きな話題になったユニクロだが、今シーズンからは、ヒートテックのパッケージも同様に、プラスチック製から紙製へとシフトしている。

今回はパッケージおよびヒートテックをめぐる変化について、ユニクロのPR担当に話を聞いてみた。今後も他商品のパッケージ素材が紙製に統一されていくのか…と真っ先に訊ねてみると、「現時点では予定しておりません」とのことだ。

ヒートテック

また変化したのはパッケージだけでなく、ヒートテック本体も大幅にチューンアップ。ウィメンズではヒートテックだけでなく、「極暖」「超極暖」それぞれの商品のポリエステル糸をさらに細くすることで、柔軟性が向上したほか、編み地を調整して伸縮性もアップしている。

ヒートテック

また、2018年より販売開始された「ヒートテックバレエネックT 」にはレースタイプが登場し、バリエーションも充実。

次ページ
■店舗で混乱してしまうケースも

この記事の画像(8枚)