高須院長、ダライ・ラマ法王から届いた薬公開 「畏れ多い」と驚きの声

全身がんで療養中の高須克弥院長がツイッターに「ダライ・ラマ法王倪下からいただいたお薬」の写真を投稿し、驚きの声が寄せられる

エンタメ

2020/12/18 14:15

高須克弥院長

全身がんであることを公表している「高須クリニック」の高須克弥院長が、自身のツイッターを更新。チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世法王から贈られた薬の写真を公開し、驚きの声が集まっている。



 

■ダライ・ラマ法王から薬が届いた?

高須院長は18日、ダライ・ラマ法王の姿がプリントされた書物と、薬と思われる紙包みの写真をツイッターにアップ。

「ダライ・ラマ法王倪下からいただいたお薬。」と発言し、法王から直接、薬が届いたことを報告。2人の心温まる交流が垣間見えそうな内容に、数多くの「いいね」が集まっている。

院長はかねてより法王と親交があり、11月にもツイッターで「ダライ・ラマ法王防庁の偉い方から『院長のお加減はいかがでしょうか。病気退散祈願のご祈祷をします』と連絡があったと秘書から連絡がきた」という報告をしていた。


関連記事:高須院長、「楽しい人生だった」と意味深投稿 思い出動画に西原理恵子氏も

 

■「祈りのマーク」の絵文字も

法王から贈られたという薬の写真からは「効きそうな」オーラを感じるファンも少なくないもようで、「すごい! 猊下からお薬が届くなんて。絶対治るやつだ!」「効きそう」「絶対効果ありますね」「畏れ多いです」などのコメントや、「祈りのマーク」の絵文字も見受けられる。

さらに、「記憶もったまま転生できそう」という感想や、「薬草?」「チベットに古来より伝わる秘薬でしょうか」など、「袋の中身が気になる」といった声もつぶやかれている。

次ページ
■「尊敬してます」と応援の声