絶景でポーズを決めた瞬間に80メートル下へ 我が子の目の前で女性が転落死

驚く家族の目の前で、転落死してしまった女性。その様子を見た人たちは、「フェンスによじ登っていました」と話している。

社会

2020/12/19 13:00

絶景で撮影
(lzf/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

美しい景色を見て「記念撮影しよう」と張り切った母親が、幼い息子たちの目の前で転落死する事故が起きたことを、『The Sun』などが報じた。



 

■家族と外出を満喫

インド出身のある女性(38)は、夫、そしてまだ幼い2人の息子たちと一緒に外出することが好きだった。

先日は、家族そろってオーストラリア・ビクトリア州にあるグランピアンズ国立公園を訪問。ボロカ展望台から素晴らしい景色を眺めた女性は、さっそく記念写真を撮ろうと、安全対策用に設置されていたフェンスに近寄った。


関連記事:女性2名が滝から転落死 足を滑らせた親友を助けようとして…

 

■突然の転落死

ポーズをとった直後、女性は滑って約80メートル下に転落。一瞬のことで家族は女性を救うこともできず、その場で震えあがるしかなかったという。

メディアの取材に応じた複数の目撃者は、「フェンスに女性がよじ登っていました」「その瞬間に滑って落ちてしまったのです」とコメント。

この場所では、多くの人たちが撮影のためにフェンスを乗り越え問題になっていたというが、女性がどういう経緯で滑り落ちたかについては、まだ断定されていない。

次ページ
■家族の悲しみは深く

この記事の画像(2枚)