エレベーター昇降路の底に女性従業員の遺体 転落後に押しつぶされたか

日本でも十数年前、外国製エレベーターの事故や不具合の報道が相次いだが…。

2020/12/19 14:30

貨物用エレベーター
(Richard Wellenberger/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一歩でも海外に出たら、どんなに新しく見えるビルであっても、足元をよく確認しながらエレベーターに乗り降りすることが大切だ。恐ろしい転落事故が起きたことを、ニューヨークのメディア『NEW YORK POST』『pix11』ほかが伝えている。



 

■押しつぶされていた遺体

米国・ニューヨーク市マンハッタンで15日午後4時10分頃、あるスーパーマーケットで行方知れずになっていた女性の従業員が、貨物用エレベーターのシャフト(昇降路)の底部から遺体となって発見された。

女性は何らかの原因でシャフト部分に転落したうえ、体が押し潰されていた。かご(エレベーターの箱)が底部まで下りたことが考えられるという。


関連記事:エレベーターに閉じ込められた母と娘 尿を飲み4日間生き延びる

 

■39歳の女性従業員が犠牲に

悲惨な事故が起きたのは、タイムズスクエアにほど近い、ミッドタウン・ヘルズキッチン地区のスーパーマーケット『フードエンポリアム(Food Emporium)』。

マンハッタン内に十数店舗を構えているチェーンの一店で、犠牲者は店の従業員である39歳の女性。プライバシーを重んじ、氏名などは明らかにされていない。

次ページ
■事故原因は現在調査中

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

エレベーターニューヨーク事故転落スーパーマーケット従業員遺体故障マンハッタン足元
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング