23巻完結の漫画、じつは名作が多い説 しかし『鬼滅の刃』と決定的な違いも…

4日に最終巻が発売となった漫画『鬼滅の刃』だが、『週刊少年ジャンプ』の作品には同じく23巻完結の名作が多いことをご存知だろうか。

話題

2020/12/19 05:45

単行本

今月4日に最終23巻が発売された漫画『鬼滅の刃』だが、全23巻というボリュームを「ちょうど良い」と捉えるファンもいれば、「あまりに短すぎる」と嘆くファンも少なくない。

今回は、23巻で完結した往年の漫画作品と『鬼滅』の共通点を探っていきたい。


画像をもっと見る

 

■「23巻」というポジション

まるまる4年以上に渡って『週刊少年ジャンプ』にて連載を続けた『鬼滅』は決して短期連載の漫画でなく、どちらかと言えば長期連載に含まれる部類の作品である。

にも関わらず「もっと連載を続けてほしかった」という声が完結から半年以上経つ今もなお止まないのは、同作がファンの心を掴んで離さないという証左に他ならないだろう。

単行本

ちなみに他作品における23巻とは『ドラゴンボール』でいうとギニュー特戦隊と死闘を繰り広げている当たりで、『ジョジョの奇妙な冒険』では、魂を賭けたポーカー勝負の真っ最中である。


関連記事:鬼滅の影響で某ホラー漫画の株が爆上がり 「明の呼吸」がネット上で話題に

 

■作者と編集部の葛藤

『ジャンプ』に限った話ではないが、人気作品はなるべく終わらせず、可能な限り長く連載させたいのが編集部サイドの本音。そのため連載が長期化した作品の中には、本来の予定になかったストーリーを挟んだり、明らかに途中からテンポが悪くなってしまう「引き伸ばし」の症状を見せるケースも少なくない。

場合によっては「途中までは最高に面白かった」「◯◯編で終わっていれば名作だった」などの不本意な評価に落ち着いてしまう作品も。

しかし本記事を書くに当たって『ジャンプ』の23巻完結漫画のタイトルを確認してまず感じたのが、「いずれも引き伸ばしなく終わった作品」ということである。

次ページ
■じつは「悲しい共通点」もあった

この記事の画像(4枚)