『ジュラシックパーク』リゾート建設現場に突如コモドオオトカゲ 作業員が襲われ重傷

大自然のなか、野生の動物が多数生息している国立公園。そこが金儲け主義のテーマパークと化すとは情けない話だが…。

2020/12/20 20:50

コモドオオトカゲ・コモドドラゴン
(photomaru/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大ヒット映画『ジュラシックパーク』をテーマとした、一大リゾートの建設がこのほどインドネシアのある島で始まった。だが、その現場に巨大なコモドドラゴンが突如出現。建設作業員を襲い、重傷を負わせたことを、英国のメディア『Mirror』『Mail Online』などが報じている。



 

■リゾート施設の建設が始まる

インドネシアの小スンダ列島にあり、コモド国立公園の豊かな自然が人々を惹きつけてやまないリンカ島(リンチャ島とも)。日本円にして6.7億円の予算が組まれ、この島では先月から、『ジュラシックパーク』をモチーフにしたリゾート施設の建設が始まっていた。

だが今月9日、その現場に巨大なコモドドラゴン(コモドオオトカゲ)が出現。トラックと対峙し、エリアス・アガスさんという46歳の作業員に襲いかかった。

パークレンジャーがなんとか引き離したが、体の数ヶ所を深く切り裂かれたアガスさんは血だらけに。違う島の大きな病院に運ばれ、治療を受けたという。


関連記事:猛毒魚の棘でアナフィラキシーショック シュノーケリングの16歳少年が死亡

 

■小さな動物は丸呑み

「生きた恐竜」ことコモドドラゴンは、体長が約3メートルで体重は約70キロ。イモトが珍獣ハンターを繰り広げるワイルドな番組『イッテQ!』にも登場し、彼女を追いかける姿が恐竜そのものだと話題になった。

昆虫、蛇、鳥からげっ歯類、哺乳類に至るまで何でも捕食し、ときには人も襲い、食う。鋭い嗅覚、2つに割れる長い舌、食いちぎる2.5cm長の鋭い歯は60本もあり、毒も注入する。柔軟な頭蓋骨と顎関節、そして膨らむ胃袋のおかげで、「ヤギより小さな動物なら丸呑み」だそうだ。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■「それじゃまるで動物園だ」
インドネシア恐竜テーマパーク労働者コモドドラゴンリゾート絶滅危惧種重傷トカゲ建設現場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング