松本人志が考えた“今年の漢字”に反響 「まさにそれ」と称賛の声

『ワイドナショー』では”今年の漢字”がテーマに。松本人志が選んだ「底」という漢字に込めた意味とは…

エンタメ

2020/12/20 11:30

ダウンタウン・松本人志

20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、”今年の漢字”が話題に。スタジオメンバーが考えたそれぞれの漢字に、視聴者の注目が集まった。



 

■松本が選んだ「底」

14日、京都府・清水寺にて、日本漢字能力検定協会がその年を代表する漢字一字を公募した「今年の漢字」が発表された。2020年の象徴として選ばれたのは、「密」。

ネット上では「めちゃくちゃ予想通り」「そりゃそうだよね」と納得の声が相次いでいたのだが、今回番組では、ご意見番・松本人志も発表。フリップに書かれたそれは、「底」という文字だった。


関連記事:今年の漢字は『密』 「これは納得」「禍かと思った」と反響相次ぐ

 

■「ここまで来たか」

松本いわく、「ポジティブな意味」で選んだようで、「ここまで来たか…あとはもうええことしかないんじゃないかと。世界中が全財産を一回投げ出したみたいな気持ちですよね」とどこか振り切れた様子でコメント。

その一方で、来年の状況について「”コロナ明けバブル”というか。いままで溜まってたものが…」と語るなど、心配もしているようだ。

次ページ
■「前向きな言葉」と称賛