今夜放送の『鬼滅の刃』完結編 地方新聞社の「鬼滅愛あふれるラテ欄」が話題に

『鬼滅の刃』第3弾全国ネット放送にファンはソワソワ。その気になる中身とは…

話題

2020/12/20 14:10

福島民報ラテ欄

20日(日)午後6時59分から、第3弾『鬼滅の刃』全国ネット放送が実施される。今回の<柱合会議・蝶屋敷編>は、この放送のために制作された新規映像などが追加された特別編集版となるため、ファンは大きな期待を寄せている。



 

■二度の全国放送が大好評

フジテレビは『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開に合わせて、10月10日に『鬼滅の刃』第一夜<兄妹の絆>、10月17日には『鬼滅の刃』第二夜<那田蜘蛛山編>を初めてゴールデンプライム帯の全国ネットで放送した。

第一夜が個人全体視聴率11.2%(世帯16.7%)、第二夜が個人全体視聴率10.2%(世帯15.4%)の高視聴率(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を獲得。

多くの視聴者から「全国ネットでみられてよかった」「話題の『鬼滅の刃』を初めてみられる機会ができてうれしかった」といった喜びの声があがった。


関連記事:『鬼滅の刃』愛が半端ない地方局と新聞社が話題 ラテ欄が華麗に変身

 

■柱合会議を含む重要エピソード

今回放送する<柱合会議・蝶屋敷編>は、アニメ『鬼滅の刃』の第22話~第26話で構成された『竃門炭治郎 立志編』の完結編であり、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』へと続く物語。

劇場版にも登場する炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)をはじめとする“鬼殺隊”の主軸をなす最強剣士である“柱”たちが初めて一堂に会し登場する“柱合会議”を含む重要エピソードだ。

アニメ『鬼滅の刃』プロデューサー・高橋祐馬氏は、「那田蜘蛛山での任務を終えた炭治郎たちの物語、そして、無限列車での任務へと繋がっていくストーリー。是非、多くの方にご覧いただき、全国の皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです」とコメント。

次ページ
■鬼滅愛地方局と新聞社が再びタッグ

この記事の画像(2枚)