致死率9割のウサギウイルス性出血病が世界的に流行か 日本でも数十匹を確認

動物と人間の共生が、当たり前の世の中。ウサギウイルス性出血病は、現時点ではヒトの健康に害をもたらすものではないというが…。

社会

2020/12/21 08:00

うさぎ
(Thank you for your assistant/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

コロナ禍においては、自宅で過ごす時間が増えた子供たちのために、「ペットを飼おう」と考える人が増えたとのこと。そのなかでも小動物として人気のウサギだが、心配なニュースが海外から飛び込んできた。



 

■日本も他人事ではない

ヨーロッパ、アフリカ、アジア、ニュージーランド、そして今年5月から全米各地に感染が広がった「ウサギウイルス性出血病2型」をご存じだろうか。特にユタ州で大流行がみられると『ABC News』『NEW YORK POST』などが伝えているが、日本も他人事ではない。

栃木県、茨城県、愛媛県や岩手県など広い範囲にわたり、動物園などでウサギウイルス性出血病2型は確認されており、少なくとも数十匹が死んでいるという。


関連記事:新型コロナ重症化した妊婦が帝王切開後に死亡 妊娠中は免疫力が低下

 

■感染力は強く致死率も高い

カリシウイルスに属するウサギ出血病ウイルス(Rabbit haemorrhagic disease virus/略称RHDV)が最初に確認されたのは、中国で1984年のことだった。

その新型となるRHDV2は、2010年にフランスで出現。なかなか死滅せず何ヶ月も生き残れることと、感染力の強さ、90%という致死率の高さが特徴だ。ただし、幸いヒトへの感染や健康被害の報告はまだ確認されていないという。

次ページ
■様々な感染経路

この記事の画像(1枚)