今週末にも「南岸低気圧」発生か? 東京の雪は一発屋

週末にかけて「南岸低気圧」が発生の予報も。関東地方が雪になる可能性は…

2020/12/21 11:00


 

■日本海低気圧になることも

この低気圧が今後、日本の南岸を進めば南岸低気圧となり、関東や東京に大雪を降らせるわけです。

しかし南岸低気圧は、少し予想が変わっただけで「日本海低気圧」になることがあります。“南岸”ではなく“日本海”を低気圧が進むパターンです。

低気圧が日本海へ進むと、関東は雨になります。このコースの違いの他にも、様々な複雑な条件が絡み合うため、関東(東京)の雪予報は困難を極めます。


関連記事:今季初の寒波襲来を気象予報士が解説 来週は日本海側でいきなり猛吹雪・大雪の恐れ

 

■27パターンの予測から判断する雪予報

こちらは気象庁の予報システムの一つ「全球アンサンブル予報システム」です。日本の気象庁は27つのコンピュータの計算を走らせて、ブレ幅をふまえた上で週間予報を作成しています。

天気予報

その27つの計算のうち、赤で囲った8つが南岸低気圧の予想をしています。その他の19は、日本海または日本の真上を低気圧が通っていく形ですから、まだ関東や東京で大雪・積雪の可能性は高くありません。しかし、ゼロとも言い切れない状況です。

民間気象会社の予想を見ると、27日(日)~28日(月)の東京に雪マークを付けているのはウェザーマップ社のみ。ウェザーニューズ社は雨、日本気象協会は曇りマークでした(21日朝時点)。

今後、26日(土)~28日(月)の低気圧の予測がどう変わってくるのかに注目です。

・合わせて読みたい→日本に近づく台風10号は特別警報級に発達か 気象予報士が語る警戒点は

(取材・文/気象予報士・千種ゆり子

一発屋天気予報気象予報士大雪気象庁ウエザーマップウェザーニュース千種ゆり子南岸低気圧日本海低気圧台湾坊主全球アンサンブル予報システム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング