林家こん平さん死去 「大喜利」初期メンバー最後の1人として活躍

落語家の林家こん平さんが死去。ネット上にはその死を悔やむ声が続々上がっている。

寄席
(N-O-K-N/iStock/Getty Images Plus)

長らく『笑点』(日本テレビ系)のレギュラーを務めた落語家の林家こん平さんが17日、誤嚥性肺炎のため亡くなっていたことがわかった。享年77歳。



 

■葬儀は近親者のみで

一般社団法人落語協会は21日、「林家こん平 訃報」というタイトルでこん平さんの悲報を掲載。

「当協会員の林家こん平(本名:笠井光男)が、令和2年12月17日(木)午後2時2分に誤嚥性肺炎の為、永眠いたしました。(77歳)葬儀は近親者のみで12月19日に執り行われました」と記した上で、新型コロナウイルスの流行が収束して以降、改めてお別れの会を開くことを明かしている。


関連記事:カジサック、イクメンオブザイヤー受賞 「頑張れている」理由に家族の存在

 

■05年に多発性硬化症を発症

こん平さんは1943年、新潟・千谷沢村(現・長岡市小国町千谷沢)生まれ。

初代林家三平に師事し、72年に真打昇進。65年3月に放送が開始された『金曜夜席』(『笑点』の前身番組)で大喜利の初期メンバーに抜擢され、以降途中降板した時期があったものの、2004年に声帯を患うまでの間出演を続けた。

05年に多発性硬化症と診断されて以降は、リハビリを続けつつ高座に戻ることを目指していた。弟子には林家たい平、2代目林家三平ら。

次ページ
■地元を愛し続けたこん平さん