新型コロナ、ばいきんまんに致命的な影響 秘密基地の環境に「過酷すぎる」の声も

アンパンマンこどもミュージアム内でのアナウンスが、よくよく考えると「怖すぎる」と話題に。その原因とは…。

話題

2020/12/22 05:45


 

■バイキン基地だけ念入り度が違う…

今回のツイートで話題になったのは、兵庫県にある「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」で、現在こちらでは新型コロナ対策として各施設にて定期的な消毒を行なっているという。

そのため「バイキンひみつ基地」だけ消毒しているワケではないのだが…「クローズタイム」を設けて徹底的な消毒を施しているのは「バイキンひみつ基地」のみと判明。

バイキンひみつ基地
(画像提供:ガナドウさん)

「他の施設ではお客様にご利用頂きながら、同時並行で消毒を行なっております」「バイキンひみつ基地だけは消毒のため、一時退館を定期的にお願いしております」とのことだ。

こちらのアトラクションでは、ばいきんまんの作った巨大メカ「だだんだん」のコックピットの中に入ることもできるのだが、コックピット内に来館者がいる状態でスタッフが内部を消毒するのはスペース的にかなり厳しそうだ。こういった要素から消毒作業時には、入館を制限する必要が生じているのかもしれない。


関連記事:殺菌・除菌・滅菌・抗菌の違いは何なのか? それぞれの意味をチコちゃんが解説

 

■他のミュージアムでも同様?

続いて福岡県にある「福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール」にも話を聞いてみると、やはりこちらでも「バイキンひみつ基地」では定期的な入れ替えと消毒を行なっていることが判明。

ちなみに「アンパンマンミュージアム」と呼ばれる施設は神奈川県・横浜市や三重県・桑名市などにもあるが、「バイキンひみつ基地」があるのは仙台、福岡、神戸など一部のミュージアムだけなので来館の際は気を付けたい。

・合わせて読みたい→ユーザー悩ませる消毒液の種類多すぎ問題 ドンキが全てを解決してくれた

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(2枚)