ソフトバンクが低価格の新ブランド発表 ドコモ「ahamo」と比較する声も

ソフトバンクが新ブランド「SoftBank on LINE」を発表。月額2,980円でデータ容量は20GB、LINEは使い放題。

話題

2020/12/22 15:00

ソフトバンク・Softbank

ソフトバンクは22日、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE」を2021年3月から提供開始すると発表。SNS上で大きな反響を呼んでいる。



 

■LINEが使い放題でオンラインで手続き

基本使用料は月額2,980円で、データ容量は20GB(LINEが使い放題)、5G対応、データ容量超過時の通信速度は最大1Mbps、5分以内の国内通話が何度でも無料というもの。手続きはすべてオンライン上で行ない、LINEアプリ上でもさまざまな手続きができるようになる予定とのこと。

発表を受け、ツイッターでは「SoftBank on LINE」がトレンド入り。「これはいいプランかも」「安くて助かる」とおおむね好評のようだ。


関連記事:auの新料金プランに「高すぎる」と騒然 ツイッターが大荒れ状態に…

 

■「ahamo」と比較する声と…

NTTドコモが12月3日に発表した新プラン「ahamo(アハモ)」と比較するユーザーも。

多くのユーザーが重視しているであろう基本使用料とデータ容量はどちらもと同じ。5分以内の国内通話が無料、データ容量超過時の通信速度は最大1Mbpsというも共通だ。

ahamoのデータ容量20GBは、海外82の国々・地域でも追加料金を払うことなく利用できるのが特徴のため、たびたび海外に行くユーザーからはahamoが支持されているよう。一方のSoftBank on LINEは、LINEが使い放題なこと、オンラインで手続きが完結することが評価されているようだ。


■メリハリ無制限、ワイモバイルでも…

また、ソフトバンクは、“ギガ無制限”の「メリハリ無制限」を2021年3月より月額6,580円で提供開始するという。現行の料金プランとくらべると、4Gでは900円、5Gでは1,900円値下げされる。データ利用量が3GB以下の月は、勝手に1,500円割り引かれるとのこと。

他にも、サブブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」でも、4G/5G共通プランが。3GBで月額1,980円の「シンプルS」、10GBで2,980円の「シンプルM」、20GBで3,780円の「シンプルL」を21年2月から提供することを発表している。

・合わせて読みたい→Googleフォトの有料化でユーザーから悲鳴相次ぐも 変更事項を確認してみると…

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(1枚)