伊勢谷友介被告に有罪判決 「挫折禁止」訴えるもネット上では辛辣な声

伊勢谷友介被告に有罪判決が下った。ネットでは辛辣な声が次々上がっている。

伊勢谷友介

今年9月、大麻を隠し持っていたとして現行犯逮捕された俳優・伊勢谷友介被告の判決公判が12月22日に開かれ、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の有罪判決が言い渡された。

その後、公式コメントが各社に向けて発信されたが、ネット上では批判的な声が広がっている。



 

■関係者への謝罪行脚

伊勢谷被告は、9月8日に自宅で乾燥大麻4袋、量にして約13グラムを所持していたとして現行犯逮捕。

9月30日に保証金500万円を納付した上で保釈され、集まった報道陣に「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と頭を下げていた。保釈後は、出演していた映画やドラマの関係者に謝罪して回っていると報じられていた。


関連記事:伊勢谷被告が大麻入手先を黙秘 ミッツの推測に「マジで週刊誌なみ」の声も

 

■「信頼を裏切る結果に」

判決後、伊勢谷被告は報道各社に向けFAXにてコメントを発信。

「私の身勝手な行動により、今まで私の活動に対して真摯にご協力を頂いた皆様の信頼を裏切る結果になり、多大なるご心配とご迷惑をお掛けしましたことを心から深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

その上で、「今一度許されることがあるならば、社会活動に勤しむ所存です。私が信念として持ち続けている『挫折禁止』の言葉の通り、自分の人生を諦めずに生きてゆきたいと考えております」と心境を明かしている。

次ページ
■辛辣なコメント

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

薬物俳優逮捕大麻執行猶予伊勢谷友介保釈有罪
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング