20代女性の6割が恋人を傷つけないために嘘 「自己保身なだけ」との批判も

嘘をつくのは、いけないことだとされている。しかし相手を傷つけないために、嘘をつくこともあるだろう。

男女

2020/12/23 11:00

「嘘をついてはいけない」と、教えられて育った人は多いだろう。しかし人を傷つけないための嘘は、許されるとの意見もある。


画像をもっと見る

 

■「傷つけないための嘘」半数も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の交際経験がある男女1,339名を対象に調査したところ、全体の50.8%が「恋人やパートナーを傷つけないための嘘をついたことがある」と回答した。

恋人やパートナーを傷つけないための嘘をついたことがあるグラフ


関連記事:経験した人数を覚えていない人が約3割も 男女の経験人数の平均は…

 

■男性がいるのに女子会と嘘

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

恋人やパートナーを傷つけないための嘘をついたことがある性年代別グラフ

心配性な彼氏に、嘘をついた女性も。

「男性も参加する飲み会だったけれど、『女子会』だと嘘をついて行ったことがある。彼氏は心配性なので、男性がいると知ると、不安になると思ったから」(20代・女性)


デートを断るのに、嘘をついた人もいる。

「仕事が続いて疲れていたので、デートの誘いを断った。ただ疲れているだけの理由では申し訳ない気がしたので、『体調が悪い』と嘘をついたら、かなり心配されてしまった」(20代・女性)

次ページ
■自己保身なだけとの意見も

この記事の画像(3枚)