ドコモ、ソフトバンクの新料金プランを見て… 加藤浩次の本音に共感の声

ドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」が発表された。ユーザーから喜びの声があがる一方、加藤浩次は「本末転倒になってきてる」と疑問が…

エンタメ

2020/12/23 14:30

極楽とんぼ・加藤浩次

タレントの加藤浩次が23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。NTTドコモが「ahamo(アハモ)」、ソフトバンクが「SoftBank on LINE」など各社が出している料金プランを紹介する場面で、「本末転倒になってきている」と疑問を呈する一幕があった。



 

■2社が同じ金額

3日、データ容量20GBで5分まで通話無料で月額2,980円の「ahamo」をドコモが発表し、ツイッター上で「神プラン」と大きな話題に。それを追うかのようにソフトバンクも22日、同じく20GBで通話5分無料の「SoftBank on LINE」を月額2,980円で提供すると発表した。

「ahamo」は海外82の国・地域で使用可、「SoftBank on LINE」はLINE使い放題と違いはあるものの、多くの利用者が気にするだろう「データ容量」「無料通話時間」「月額料金」は並んでいる状態だ。KDDIも来年1月に発表予定のようで、2社に対抗するため同じようなプランになることが予想される。


関連記事:auの新料金プランに「高すぎる」と騒然 ツイッターが大荒れ状態に…

 

■この状況に「本末転倒」と疑問

このことについて、ハリセンボンの近藤春菜は、スマートフォンを安く使用することは「消費者としてはありがたい」としつつも、「(各社の料金が)また動かなくなるのかな」とコメント。大手3社の寡占状態が問題視される中、今回のソフトバンクの「SoftBank on LINE」発表によって、むしろ強固なものになったともいえるだろう。

加藤も「僕ちょっと『あれ〜?』と思ってるのは…」と切り出す。「資金力のある3社がここまで値段を下げてしまうと、結局、値段を下げたうえでの寡占になってて、他の低価格の携帯会社が外に追いやられるというか、立ち行かなくなる現状もあって、元々言っていた話と本末転倒になってきているような気もする」と疑問を呈した。

次ページ
■「格安スマホから乗り換える」の声も…