ホラン千秋、初対面の異性が確認する身体の部位に納得 「絶対チェックする」

ホラン千秋が女性ならではの意見を熱弁…

2020/12/24 08:00

ホラン千秋

23日放送『カズレーザーの図図図 ~秒で腑に落ちる鬼まとめ! 禁断の知識13連発~』(テレビ東京系)では「初対面の異性が自分のどこを見ているのか?」を図解。その結果に、ホラン千秋が女性目線で賛同を示した。



 

◼ホムンクルス図を応用

気になるモノゴトを「一目で分かる図に鬼まとめする」同番組。

身体の部位に対して脳が関連している領域を大きく表現する「ペンフィールドのホムンクルス」という人物のイラスト図を応用し、「異性が初対面でどこを見ているかが秒でわかる図」を番組が作成。ホランとカズレーザーが女性・男性目線でその図の正確性を確認していった。


関連記事:不倫騒動をフォローした坂上忍 ホラン千秋のド正論の返しに謝罪

 

◼男性の視線は…

ホランは「初対面なら顔」、カズレーザーは「あんまり下ネタは言わないほうがいですもんね?」とトボケつつ、イラストを確認していく。

男性から女性を見る場合、目を中心とした顔、胸、太ももが大きく、指や足が小さい傾向にある。カズレーザーは「まあ、正直なね」と納得しつつ、「肩やネイルなんて誰も見てない。足の指に塗ってるやつなんてマジで意味がわからない」と主張する。

これにホランは「ネイルは自己満足。男性は単純で、ざっくりとどういう顔で身体なのかを確認している」と解説した。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
◼女性の場合は?
テレビ男女イラスト異性ホラン千秋カズレーザー部位薬指カズレーザーの図図図ホムンクルス図解
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング