警視庁公式ツイッター、GSでの静電気火災事故に注意喚起 「除去シートに触れて」

警視庁公式ツイッターが、セルフ式ガソリンスタンドの使い方について注意喚起を行った

2020/12/24 20:15

ガソリンスタンド・トラック
(ipopba/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

警視庁の公式ツイッターが24日、セルフ式ガソリンスタンドの使い方について注意喚起を行った。場合によっては火災が発生する恐れがあるという。



 

■静電気で火災事故

警視庁警備部災害対策課のツイッターは「セルフ式ガソリンスタンドに設置してある静電気除去シートに触れていますか?」と呼びかけを行った。

静電気除去シートに触れないと、「車の乗り降りなどで生じる衣類の摩擦で蓄積された静電気が着火源となって、思わぬ火災事故を引き起こす恐れがある」という。


関連記事:『ZIP』静電気をスプレーで防止するには… 服よりかけるべきモノがあった

 

■消防庁も注意喚起

また東京消防庁の報告によると、セルフスタンドの火災発生割合はフルサービスのガソリンスタンドに比べて高いという。

そこで消防庁はセルフ式ガソリンスタンドを安全に利用するために、「私たちの体には静電気が帯電しています。給油キャップを開ける前に、静電気除去シートや車の金属部分に触れ、静電気を除去してから給油を始めましょう」と注意喚起を行っている。

次ページ
■ユーザーの恐怖体験

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

Twitterガソリンスタンド静電気火災消防庁警視庁警備部災害対策課
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング