オンライン授業中にあらぬ音声と恍惚の表情 生徒の苦情で男教師を調査へ

「あの先生の変態ぶりは今に始まった話ではない」と話す生徒たち。しかし、まさかオンライン授業中に怪しい動きを見せるとは、誰も思わなかったようだ。

社会

2020/12/27 15:00

オンライン授業
(unabesyou/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

その人が画面で何を閲覧しているのか、正面からはまず分からないパソコン。だが、眉をひそめたくなるような音声が漏れ、表情が微妙に変化していったら、鑑賞しているものの内容を疑いたくなる。

まさにそんな行動をとった男の教師は、果たして白か黒か。興味深い話題を、米国のメディア『Sun Sentinel』『NEW YORK POST』などが伝えている。



 

 

■オンライン授業中に…

米国・フロリダ州ブロワード郡のハリウッド市にあるサウスブラワード・ハイスクール。現在、この公立高校でグローバル教育を担当するマイケル・ブリーゼクという53歳の男の教師について、パトリシア・ブラウン校長と郡教育委員会の特別調査班が調査を行っている。

教師について、SNSで生徒たちが「オンライン授業中に奇妙な雰囲気を漂わせている」という話題で炎上していることを知り、詳しい聞き取りが行われたのだ。


関連記事:梅沢富美男、長女の学校PTAから「二度と来ないで」と言われたワケ

 

■女性のあえぎ声と怪しい表情

一部の生徒により問題の動画はSNSに2本もアップされ、拡散していた。音声を周波数で解析するソフトを駆使し、それに一致するアダルトビデオ作品を探り当てる者まで現れている。

調査でわかったのは、オンラインでの授業中、かすかながら女性の喘ぐような声が聞こえ、教師が怪しい表情になったこと、彼が以前から生徒たちの間で「変態」「ドスケベ」などと呼ばれていたことだ。

さらに生徒たちは、この教師が過去にも不適切な発言をし、生徒に性的な接触を図ろうとしたことを訴えたという。

次ページ
■「SNSではなく電子メールで」

この記事の画像(1枚)