オンライン授業中にあらぬ音声と恍惚の表情 生徒の苦情で男教師を調査へ

「あの先生の変態ぶりは今に始まった話ではない」と話す生徒たち。しかし、まさかオンライン授業中に怪しい動きを見せるとは、誰も思わなかったようだ。

社会

2020/12/27 15:00


 

 

■「SNSではなく電子メールで」

芳しくない話がSNSにどんどんあがる状況に、苛立ちを募らせたブラウン校長。生徒たちには「この深刻な問題にきちんと対処するためにも、情報などは私に電子メールで直接連絡してください」と強く訴えている。

勤続20年で、年収は日本円にして約580万円だったブリーゼク。現在は休職の扱いとなっており、調査の結果を踏まえて進退が決まるだろうという。


関連記事:柔道三段の数学教師による生徒傷害事件の波紋 教師と被害生徒側の主張にズレも

 

■教師から性的な視線を感じたことは?

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「学生時代に教師から性的な視線を感じたことがある」と回答したのは、全体の5.3%だった。

注目したいのは、女子中高生が含まれる10代女性の6.7%より、20代男性のほうが8.2%と高い割合を示したことだ。

教師

ターゲットになるのは女子だけではない。性的な視線を感じとって不快な思いをする、もしくはしたことがある男子は、人々が想像する以上に多いのだろう。清い教育の場であるべき学校。教師がその良き手本を示してほしいものだ。

・合わせて読みたい→13歳少女に「裸の写真送って」 勤務時間中にメールした名門男子校の教師を逮捕

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日 
対象:全国10代~60代男女1,732名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)