母親が夜遊び中に大火災 脱出不可能な家で焼死した3児の遺体に医師も嗚咽

小さな子供3人が取り残された家で、火災が発生。子供たちは家から逃げ出すことができず、一人残らず焼死してしまった。

2020/12/27 08:00

火事
(Lakeview_Images/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

外出の際に、子供たちが外に出ないよう南京錠をかけた母親。その後に自宅内で発生した火災が原因で全員が焼死したことを、『The Sun』などが伝えている。



 

 

■酒を飲みに出かけた母親

ブラジル・リオブランコで暮らすある女には、3人の子がいた。長男は4歳、次男は2歳、そして長女はまだ生後8ヶ月。女も母親ではあるが23歳と若く、夜遊びしたいという気持ちには勝てなかったようだ。

そこで女は、12月19日の夜に子供たちを家に残して外出することに。目的は、酒を飲むことだった。

家のドアに南京錠をかけ、開かないことを確認してから夜の街へ。しかしその後しばらくすると家の中で火災が発生し、一気に燃え広がった火は子供たちにも迫った。


関連記事:火災発生で祖母がひとり脱出 置き去りにされた孫は全身やけどの重傷

 

■火災発生も脱出不可能

子供たちもそれに気づき慌てたが、逃げようにもドアは開かず絶叫。子供たちの叫び声に驚いた隣人たちが駆け付けたものの、南京錠がかかっていたために家に入ることができなかった。

すぐに消防士らも到着したが子供たちは救えず、隣家に火が燃え移るのを食い止めるだけで精一杯だったという。

次ページ
■医師も嗚咽
母親外出隣人置き去り火災ショートネグレクト育児放棄焼死消防隊
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない